夫婦で使えるキングサイズのベッドは色々と出来が違う

昔の新婚夫婦が夜に床にふせる時、寝具は敷布団と掛け布団というのが日本では一般的でした。

最近ではベッドを使っている家庭も多く、クイーンやキングサイズなどの大きなベッドや機能性を選べるようになってきました。

布団に比べてベッドには高さがあるので、その分部屋の空間を大きく占める事になり、狭い部屋であれば圧迫感を与える可能性もありますが、こうした見た目の印象にも工夫がなされており、大きくスペースはあるのに圧迫感を感じさせない物も増えています。

具体的には脚をつけずにフラットに床に密着するような形状であり、さらに全体的に低めのベッドフレームになっているという物ですが、天井との間にスペースが出来る事によって部屋を広くみせるという効果が期待出来ます。

一人暮らしの生活であれば、さほど大きなスペースは必要ありませんが、新婚の夫婦や常に一緒に誰かと寝ているという場合には、普通(シングル)サイズでは足りませんし、ぎりぎりのスペースで寝ていると寝心地も悪くなりますから、ある程度の大きさは必要になるでしょう。

場合によってはキングサイズのベッドを使用する時もありますが、こうしたフラットな形状であればベッドばかりで寝室が埋め尽くされているという印象もなくなり、スッキリと見せる事が出来ます。

kingbed


さらにデザイン性にこだわる事によって、インテリアとしても活用する事が出来るでしょう。
フレームがあって、そこにマットレスを置くというのが当然の形状ですから、そこにデザイン性を用いるのは難しいと思われがちですが、様々な部分に細かい工夫を凝らす事によって見た目は大きく変わってきます。

ちなみに、マットレスですが最近は高反発のものが主流です。
以前まで、低反発マットレスは腰痛に効果的と言われていましたが、今はその定説が必ずしも全ての人に該当することでは無いと結論が出ています。
参考:低反発マットレスのトゥルースリーパーは腰痛対策としての効果ない?

またヘッドボードの部分ですが、この部分が棚のようになっているという形状の物も多く、そこに好きな小物などを飾ればオリジナリティも増してインテリア性は抜群になります。
また、予めコンセントや照明が備え付けられている物もあり、雰囲気造りには最適です。

収納が隠されている物もあって、これを活用すれば部屋の整理整頓にも役立つでしょう。
こだわりあるベッドを選べば生活に潤いを与える事が出来ます。